スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

感覚

いろいろな方の猫ブログを拝見させて頂いていますが、
いしは、なんてったって1日20時間くらい寝てるんじゃないか?っていう、
まさに「寝子」なので(まぁ老猫だしねぇ・・・)、
いしの日常を追いかけても、
皆様の猫ブログような、アクティブなブログにはならないのです。
写真撮ろうったって、たいがい寝てるわけです。
これじゃ変化がなさすぎて、猫ブログにならないじゃん・・・というわけで、
敢えて「猫ブログ」とは銘打っていないつもりなのですが、
どうも「いしネタ」が多いですね。
いっそこのまま思い切って「いつも寝ている猫ブログ」にしていまおうか?
と思い、いしを見てみたら、

いし080909

ベロが出てました。
よくある「しまい忘れ」ですね。
これ、いつ気付くんだろうか?と思ってほっといたのですが、

いし080909-2

気付くどころか、そのまま寝ようとしている、いし。
そして、

いし080909-3

爆睡モードへ移行。

気にならないのかなぁ?猫の口元って、どういう感覚なんだろか?
それより、このまま出しっぱなしで大丈夫なのか?と、ちょっと不安になったので、

「お嬢さん、ベロ出てますよ。」と、起こしたら

いし080909-4

この後、思いっきり噛まれました・・・。
猫も無理矢理起こすと機嫌悪くなるのね・・・
まぁ、ベロしまったからいいけど。
2008年09月09日 | Comments(2) | Trackback(0) |

酷暑

とても久しぶりになってしまいました。

今年の夏、暑かったですね。
気温が30℃を越えると急に体調が良くなる私としては、
とても気持ちの良い日々でした
将来、どこか南の島に移住したいと本気で考えています。

この夏は、実家の引き払い作業をしていました。
父はすでに他界、母は歩けなくなって入院→もう退院出来ない・・・という状況。
私は一人っ子で、実家には住む人間がいないのに、
荷物置き場として月ン万円も家賃を払うのはどうよ?(実家は賃貸物件)
という事で、悩んで悩んで悩んだ末、一大決心しました。

私が住めばいいんじゃないか?と考えたし、
いろいろな方からも「住めばいいのに。」言われたのですが、
どーしても住めない。住みたくない。どうもダメなんです。

って言うと、パワーストーンアクセサリー屋なんかやっているので、
「霊でもいるの?」とよく聞かれます。
確かに子供の頃から、鍵がかかっているはずのドアが開いたり、
猫達が一斉に何もない所に向かって「フーッ!!」って威嚇し始めたり、
ラップ音がしたり、白いものが横切ったり、鈴の音が鳴り響いたり、
いろいろありましたが、なにせ物心ついてからずーっとこんな感じの家だったので、
「怖い」という感覚はほとんどなく「いつもの事」だったんですよね。
それと、現在は「悪いものは見ない」と決めているので、
(見ても何もしてあげられいないしねぇ)
霊に関しては別に何ともないのです。
霊よりも、生きている人間の方が、よっぽど怖いと思うんですよね。

なんだかね、人の念が怖いんです、実家近辺。
別に何かされたというわけではないですし、
具体的にどう・・・と言うのも難しいのですが、なんかダメなんですよねぇ・・・。
母が入院したのが1月、それから何度も帰って1人で過ごしてみたのですが、

うゎあぁぁぁぁダメだぁぁぁぁぁぁ・・・!!

と言いながら、ダッシュで帰って来ていました。
そんな状態で、住めるわけがない。

で、引き払い作業に踏み切ったわけですが、
私の家族が転居してきてから既に30ン年も経っているので、
家じゅうカオス!!
いやもうダンジョンですよ、こりゃ。宝箱でも出てくりゃいいけど、ないし(苦笑

酷暑の中、毎日いろいろなモノを引っ張り出しては片付けて、
何度もゴミ捨て場に通い、完了した時には体重が6~7kg落ちてました。
疲れ過ぎて、ご飯食べる気にもならなかったですしね。
(残念ながら、体重は猛スピードで戻りつつありますが・・・)

柱には、私が子供の頃に背を測って付けた傷がいくつもあって、
最終日はずっとその傷を見ていました。
私にはこの家の記憶しかなくて、戻る場所はここしかなかったんですよね。
成人式を終えてからもう随分経ちますが、今更ながら、
「もうどこにも戻れない。逃げ場はどこにもない。
 大人になるって、こういう事なんだろうなぁ・・・」なんて考えたりして。

住みたくない!とゴネまくった実家ですが、
最後に家を出て扉を閉めた時は、さすがに号泣しました。せつなかったなー。

誰もがいつかは経験する事ですから、
私だけが大変なわけじゃないと思うんですよね。
むしろ、頭も体もばっちり動くうちに、この日が来て良かったのかも知れない。
うん、良かったんだな、きっと。

心も体もちょっと疲れちゃった夏だったけど、こいつはいつもこんな顔で、

いし080827-3

ばっちり癒してくれました。
2008年09月08日 | Comments(2) | Trackback(0) |

発見

いしちゃん、何か発見。
凝視。

いし080616

対象物が動いた模様。
目で追う。

いし080616-3

追う。

いし080616-2

この後しばらく何かを見つめていましたが、
視線の先には、動くモノは特に何も存在していませんでした。
実家ではよく、何もない所に向かって威嚇していましたが、
私の家では威嚇する事はなく、
その代わり、1日に1回は何か追いかけています。
でも追っているモノが何なのか、私には見えません。

ちっさいおっさんか何かか?
2008年06月17日 | Comments(2) | Trackback(0) |

日課

出窓から外界チェック。

いし080614

尻隠さず。
2008年06月14日 | Comments(0) | Trackback(0) |

外猫

鳥だ!

いし080611-1-2


鳥!!

いし080611-2-2




鳥~。

いし080611-3-2


いしは私の実家で生まれました。
ずっと外猫でした。

地面からベランダの隙間までの高さが約1m。
その高さまでジャンプ出来るようになった頃、
母猫がいしを外に連れて行きました。
生きていくために、いろいろな事を教えたのだと思います。
いしは1日のほとんどの時間を、外で生活するようになりました。

でも、
木のてっぺんまで登って降りて来られなくなったり、
車に轢かれて血だらけで帰って来たり、
どこへ行ったのか1ヶ月半帰って来なかったり、
心配事が多くて多くて。

去年の夏のある日、母がベランダにいた時にいしが帰って来て、
いつものように地面からベランダへジャンプ。
しかし失敗して地面に落ちました。
そのまま地面にうずくまる、いし。
怪我をしたのか!と、
びっくりして母が迎えに行ったのですが、怪我はなし。
その日以来、外に行かなくなりました。
「ベランダに上がれなかったのは、ショックだったんじゃないかねぇ。」
母が言いました。

外出に関わる心配事は、いしが生まれて17年目にしてなくなりました。
それに代わり、いしの老化が心配事になったわけですが、
まぁ心配してもしなくても、日々老化は進むわけで。
心配するより、どうしたら彼女が快適に暮らせるか?を考える方が、
時間の使い方としては有意義だな、たぶん。

いしは現在、実家を離れて私と暮らしています。
外を眺めるのが大好きで、よく窓辺にいます。

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
2008年06月11日 | Comments(1) | Trackback(0) |

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。